転倒転落防止対策に関するSupport Content4

運用サポート」

  • 安全対策備品の運用情報が共有されていない
  • 安全対策備品を使用する仕組みが確立していない
  • 使用のためのルールがない

仕組みづくりをしましょう。

事故を防止する安全対策備品があっても、それが本来の機能を発揮するためには、院内でどのように運用するか、誰がどのように管理するかなど組織の仕組みづくりが不可欠です。転倒転落事故を未然に防ぐための医療関係者の意見交換から、患者さんの教育、安全対策備品を使っていくための仕組みやルールづくりなどが効果を発揮します。

  • 運用計画、ルールづくり
  • 導入後のトレーニング計画の立案
  • 使用および評価計画の立案
  • 教育、研修の実施

現場とモノによる転倒・転落事故の低減

センサー選定フロー

運用サポート・資料ダウンロード

クイックマニュアル

離床センサを設定する際のクイックマニュアルです。ベッドサイドに設置しておき、センサの設定時に確認ができるようにしておきましょう。

  • ダウンロード

病院における転倒・転落事故防止のためのチェックリスト

「病院における転倒転落事故防止のための離床CATCH活用による発生予防対策のチェックリスト」は、院内における転倒転落対策の仕組みづくりに、必要な手順を確認することができます。活動リーダー(転倒・転落事故防止活動の中心メンバー)用と病棟リーダー(各病棟の転倒・転落事故防止活動の責任者)用に分かれています。(本シートは、離床CATCHのみでなくセンサ全般に活用できます)

《各ステップの進め方》
  1. ①病棟リーダーは、病棟リーダー欄に記載されている内容を把握および実施完了したタイミングで「病棟リーダー用チェックシート」に記載の上、活動リーダーに提出。
  2. ②活動リーダーは、病棟リーダーから提出があったら,「活動リーダー用チェックシート」にその内容を記載。集約・DB化して,その内容を病棟リーダー含めた全スタッフに開示します。
  3. ③開示が終わったら次のステップに移行。

※なお、対策実行ステップは、評価ステップの結果(施設の実態)により、選択方式となりますので,必ずしも全ての対策ステップをこなす必要はありません。

  • ダウンロード
  • 【別紙a】
    ダウンロード
  • 【別紙b】
    ダウンロード

療養環境アセスメント(スコア)シート

  • ダウンロード
  • シートの詳しい使い方はこちら

転倒転落対策備品 アセスメントシート

  • ダウンロード

STEP2「導入サポート」でもご紹介しているアセスメントシートです。
対策備品の整備や使用方法の確認ができたら、患者の状態に応じたアセスメントを日々の運用の中にも取り入れて行きましょう。

転倒転落・見える化シート

運用後、転倒転落対策を評価するために、再度状況の見える化行いましょう。

  • ダウンロード